FC2ブログ

ちおん舎 催事予告

京都の縁創空間 ”ちおん舎” のイベント予告をお伝えするブログです

8月24日 鈴木トオル&秋人

『衣棚の町家でちょいと待ちやぁ。Vol.2/鈴木トオル&秋人』
場所:ちおん舎(京都市中京区衣棚通三条上る 突抜町126)

※場所等々の確認のみ、チケット扱いではありません。

時間:開場19:00/開演19:30

料金:前4000円/当4500円

【予約申込方法】
受付 7月1日(月)21時~
※メール info@akihito.main.jp
2013_08_24+鈴木トオル_convert_20130719175557

件名「8/24 トオル&秋人 ちおん舎」本文「お名前(フルネーム)、連絡先電話番号、枚数」を明記。
※電話 070 5666 7901

お一人様5枚まで。(枚数の記入がない場合、一枚と数えます。)

※予約受付完了のメール返信時に整理番号をお知らせ致します。当日は整理番号順のご入場となります。(PCメール info@akihito.main.jp を受信出来るように設定をお願いいたします。)受付処理の都合上、返信までに数日お時間をいただく場合があります。ご了承下さい。

*当日は、携帯の方は返信画面を受付にてご提示ください。
PCの方はプリントアウトしてご提示下さい。

*当日、開場時にチケット料金をいただきます。(なるべくお釣銭のないようにご協力をお願いします。)

※予約受付は7月1日21時00分よりの送信時間で受付をします。なお、受付時間以前に送信されてきたメールは再送信していただきます。(その際、お申込人数に達していた場合は、受付出来ない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。)

お問合先:スターライトステージ
info@akihito.main.jp
スポンサーサイト



8月4日 原 伸介 講演会

原 伸介 講演会 (力を抜くとうまくいくシリーズvo.2)
『魂再生の三種の神器~《天の岩戸開き時代》の愉快な心構え~』

日 時:2013年8月4日
(日)
    14:30~16:30(14:00開場) 

講 師:原 伸介さん 
   (炭焼き職人、『日本おとなの遊び塾』塾頭、
              伊勢修養団特別講師 他)

参加費:2,500円

場 所:ちおん舎 2階広間
    (604-8282 京都市中京区衣棚三条上る突抜町126)

定 員:50名限定(要予約、当日参加は出来ません)

申込み: こちらの参加ボタンを押して下さり、
     件名「申込み」としてcando414@yahoo.co.jpまでご送信下さい。
(①お名前②ご連絡先③参加人数(全員のお名前記載)をご記入下さい)

主 催:京都講演会実行委員会 
原田(sence of AROMA)
(以上)

昨年の原伸介さん講演会では、
「楽になった!」「生き方が変わった。。」等の声を頂き、
一年ぶりに京都で開催です(^^)
老若男女が笑い転げる 原さんのお話に、”力を抜くとうまくいく” ことを体感♪
是非、ご一緒に! お待ちしております!!

◆原伸介さんのプロフィール◆
1972年横浜生まれ。信州大学農学部卒業。
22歳の時、大正生まれの山師・伊沢衛の生き様に惚れ込んで弟子入り。『絶対無理』という周囲の忠告と潮笑を無視して炭師として独立。「売れない 食えない 眠れない」の三重苦の絶望の淵でピンチを切り抜ける。
現在、炭焼き職人として炭を焼く傍ら、日本の伝統技術や精神文化の素晴らしさを様々な形で伝えている。東日本大震災後、<日本人の魂の再生>と<被災者と原発の鎮魂>を目指して、『日本おとなの遊び塾』を開塾。
著書に『山の神さまに喚ばれて』(フーガブックス)『生き方は山が教えてくれました』(かんき出版)他
image.jpg

7月26日 サイエンスカフェ クロレラと生きる動物たち


**************************
  クロレラと生きる
         動物たち
**************************

[マトリョーシカを語るヒト]
洲崎 敏伸 (神戸大学)
 早川 昌志 (神戸大学)
  世話人:木原久美子(理研・東工大)

私たち人間はたった一人で生きていると考えがちですが、腸の中や皮膚の上には、全部で2~3キログラムにもなるさまざまな細菌が存在していて、私たちはそれらと共に生きています。生き物の中には、クロレラを細胞の中に共生させて、光合成をしながら生きている動物がたくさんいます。ミドリゾウリムシ、ミドリアメーバ、ミドリヒドラ、などといった「ミドリ何とか」という名前の生物は、多くの場合そういった生き物です。今回は、そのような動物たちをいろいろ紹介してみたいと思います。クロレラとこのような動物との関係は複雑で、さまざまな相互作用によって成り立っています。皆さんと一緒に、クロレラと共に生きている動物たちの生きざまについて考えてみたいと思います。

*日時*
  2013年7月26日(金)
   20:00  開場 
   20:10〜 スタート
   22:00までに終了。

*場所*
ちおん舎
  〒604-8202
  京都市中京区衣棚三条上る突抜町126
  TEL: 075-221-7510


大きな地図で見る

*参加費*
 無料
 (飲み物付き)
※記念品をお土産として持ち帰れます。

*申込み*
 必要(定員20名)

下記アドレスまでメールでご連絡下さい。
cafe@matryoshika-evolution.jp

・件名を「マトリョーシカフェ03」とし、
・参加者名を明記してください。
(複数人の場合は全員分お願いします。)

メール受信後、参加可能の可否について、事務局から折り返しメールでご連絡差し上げます。1両日中に返信が無い場合は、メールが届いていない可能性が高いので再度ご連絡ください。
Mcafe03-04_out_s.jpeg

 | HOME | 

Appendix

chionsha

chionsha


「ちおん舎」という名は、「温故知新」より「知」「温」を、また「千」「智」や「音」「恩」の意味も含ませました。私たちが育まれてきた伝統をもう一度見直し、その智慧を現代の生活に活かすことと、和の文化を伝承することを志して、展示会やコンサート、茶会、茶事、茶道教室など、様々な文化活動の情報発信拠点になることをめざしていきたいと思います。

ちおん舎のホームページ


ちおん舎催事記録


吉右衛門ブログ ”温故知新”


Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks