FC2ブログ

ちおん舎 催事予告

京都の縁創空間 ”ちおん舎” のイベント予告をお伝えするブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三曲ライブ~箏・三絃・尺八・胡弓~

三曲ライブ~箏・三絃・尺八・胡弓~

日時 2010年7月13日(火)18:30開場19:00開演

場所 ちおん舎 

入場料 2500円

曲目  末の契、ままの川、黒髪、尺八独奏

出演  杉沼左千雄(尺八)菊央雄司(箏・三弦・胡弓)池上眞吾(箏・三弦)

問合せ 090-1704-5413(杉谷)

杉沼
杉沼左千雄(尺八)
15,6歳より尺八を始める。
大学3年より、琴古流尺八を故山口五郎師(人間国宝:平成11年1月3日逝去)に師事。
1977年、NHK邦楽技能者育成会第22期生卒業
1980年頃より新しい尺八の表現を求めて、九孔尺八を使用し始める。
1984年、ジャズを学ぶためニューヨークへ。以来度々渡米。

その後独自の尺八の世界を模索しつつ、積極的に活動を続ける。
現在、自ら経営にも携わる邦楽ライブハウス「和音」にて時折、ライブ活動を行う。
また、邦楽の新しい可能性を求め、九孔尺八のメソッド確立をはじめ、作曲、教授活動に力を注ぐ。

2002年、九孔尺八を自在に駆使し、北陽一郎氏とのコラボレーション・アルバム「DUO」をリリース。


<菊央
菊央雄司(箏・三弦・胡弓
1977年 大阪府豊中市に生まれる
1989年 人間国宝 四世 故菊原初子の後継者 五代目 菊原光治に入門
1997年 『菊央』 の称号を授かる
1999年 龍谷大学経済学部 卒業
      上方の胡弓を 菊津木昭師に師事
2000年 長谷検校記念 第6回 全国邦楽コンクール 最優秀賞・文化庁奨励賞受賞
      平家琵琶を 名古屋の 今井勉師に師事
2001年 NHK邦楽オーディション 合格
2002年 平成14年度 文化庁 新進芸術家国内研修員に認定
      NHK教育TV 「芸能花舞台」 出演
2003年 NHK-FMラジオ 「邦楽のひととき」 にて放送
2004年 大阪舞台芸術新人賞 受賞
2005年 大阪市 「咲くやこの花賞」 受賞
      国立文楽劇場主催 「舞踊邦楽公演」 出演
      初リサイタル開催
2006年 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター共同研究員
2007年 (社)当道音楽会にて 中勾当の職格を取得
      第二回リサイタル開催
2008年 岡村慎太郎&菊央雄司JIUTAライブ開催
      「GENJI」パリ・オデオン劇場公演参加
      NHK-FMラジオ「邦楽のひととき」にて「さらし」放送
2009年 東京にてソウル大学国楽科の学生と共演



池上i
池上眞吾(箏・三弦)
1991年「音夢の会」全国ツアーコンサートに参加「宮城箏カンパニー」ハワイ公演に参加
    フジテレビ系「新春琴の調べ」に出演
1992年 アジア音楽祭出演
1993年 邦楽ジャーナル誌に「知れば楽しい箏曲地唄現代曲シリーズ」を連載開始
    NHK邦楽オーディション合格
1994年 文化庁使節団トルコ・イスタンブール公演に参加宮城会コンクール第3位入賞NHK-FMより放送
1995年 ジャズピアニスト板橋文夫「ミックスダイナマイト邦楽ユニット」に参加
    シングルCD『三絃茶屋』、CDアルバム『OCTET~池上眞吾作品集(1)』をリリース
1996年 「東京インターアーツ」ドイツ・ハノーバー、ベルリン公演ならびに記念CD収録に参加
1997年  合奏曲『迦樓羅』(大日本家庭音楽会)、『世界の民謡メドレー1』(邦楽ジャーナル)をはじめとし両社より     自作曲の公刊出版を開始
     鎌倉FMの伝統芸能番組“兵どもが夢の跡”、信州放送“Music in a box”にゲスト出演し生演奏を披露
    「東京インターアーツ」オーストラリア・シドニー公演に参加及びCD収録に参加
    「全国学生邦楽フェスティバル」より講習曲委嘱ならびに講師担当(現在まで数回)
     衛星デジタル放送“MUSIC BIRD”にゲスト出演NHK-FM“邦楽ジョッキー”にて生演奏
1998年 「東京インターアーツ」ドイツ・ベルリン公演に参加
     CD『五臓六腑~細田明宏と池上眞吾の遊び心~』をリリース
     現代邦楽研究所にて『箏曲地唄について』の講義
1999年  邦楽普及団体「えん」委嘱の自作曲を集めたシングルCD『沙羅の花』が「えん」よりリリースされる
     鎌倉FM“兵どもが夢の跡”にて数回分のDJを担当
2000年  中国・大連開催の「日中友好琴コンサートツアー」に参加、日本側の音楽団長を務める。帰国後、音楽グ ループ“アカシア”を結成し、CD『はるかなる大地』を制作リリース
2001年  “アンサンブルヤスミン”メンバーとしてチュニジア・チュニス、スファックス他の公演に参加
2002年  ビクターエンターティメントのビデオ、~授業で取り組む和楽器入門~「教室の和楽器」《指導編》《演奏      編》の制作に参加し、指導者ならびに鑑賞曲の奏者として出演、またテキストの制作も行う。
2004年  「全国学生邦楽フェスティバル」より十周年記念の講習曲委嘱ならびに講師担当
2006年  CDアルバム『春・夏コレクション~池上眞吾作品集(2)~』ならびに『秋・冬コレクション~池上眞吾作品      集(3)~』をリリース。HK-FMラジオ「邦楽のひととき」にて「笹の露」放送
      NHK教育TV「芸能花舞台」にて「地歌舞・笹の露」の地方演奏で出演
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chionsha.blog41.fc2.com/tb.php/90-78fe5169

 | HOME | 

Appendix

chionsha

chionsha


「ちおん舎」という名は、「温故知新」より「知」「温」を、また「千」「智」や「音」「恩」の意味も含ませました。私たちが育まれてきた伝統をもう一度見直し、その智慧を現代の生活に活かすことと、和の文化を伝承することを志して、展示会やコンサート、茶会、茶事、茶道教室など、様々な文化活動の情報発信拠点になることをめざしていきたいと思います。

ちおん舎のホームページ


ちおん舎催事記録


吉右衛門ブログ ”温故知新”


FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。